寺院広報ブログ

イズ・アソシエイツが寺院の皆様とのふれあいで得ることのできた貴重な体験、感動エピソード、広報のヒントなどを取り上げていきます。

2014年01月24日 【行事・イベント】

就活生のための禅講座

来る2月15日(土)「就活生のための禅講座」が行なわれます。

この講座は「坐禅」を就活や進路に不安を抱き、悩んでいる皆さんのために活用できないか?

という思いから「就活禅実行委員会」(曹洞宗総合研究センター教化研修部門研究部所属の研究生)によって企画・運営されています。

今回はその3回目。

 

 

続きを見る

2014年01月17日 【感想・エピソード】

お坊さん便

0117.jpg宅配便、バイク便、自転車便、そしてついに...

「お坊さん便」。

 

一回の読経のみのお付き合いで、全国、全宗派対応で紹介料は0円。

 

一定額のお布施料金で、お坊さん(僧侶)を派遣するというものです。

 

続きを見る

2013年12月27日 【その他】

1年間ありがとうございました。

 

1227.jpg2013年も残すところわずかとなりました。

 

来年も年中行事や展示会、広報活動などをご紹介する予定です。

 皆様も年末年始の忙しさに体調をくずすことのないよう、お体をお大事になさってください。

 

来年も宜しくお願いいたします!

 

 

2013年12月13日 【行事・イベント】

天上の舞 飛天の美

1213.jpg11月23日より来年の1月13日まで、サントリー美術館にて、「飛天」の姿にフォーカスした美術展が開かれています。

 

空を飛び、舞い踊る天人は「飛天」と呼ばれ、インドで誕生して以来、優美で華麗な姿で魅了しつづけています。

 

 

続きを見る

2013年11月22日 【感想・エピソード】

いのち、向き合う

1122.jpg東日本大震災より2年半以上経過した現在でも、

被災地の多くでは復興・復旧のために日々努力が続いています。

 

真言宗の青年僧で構成されている、全真言宗青年連盟では11月13日に宮城県東松島市野蒜海岸にて、震災犠牲者を追悼する『東日本大震災巡拝慰霊法要』を執り行い、その様子が毎日新聞に掲載されました......

 

続きを見る

2013年11月15日 【行事・イベント】

ミャンマー祭り

1115.jpg11月17日(日)、芝 増上寺にて

『ミャンマー祭り 2013』が開催されます。

 

激動するミャンマーの今を、知・衣・食・文化などを

キーワードにライブ感あふれるプログラム構成になっています。

 

特別企画では総理夫人の安倍昭恵氏、元サッカー日本代表の中田英寿氏らが、第二次世界大戦から今日に至るまでの歴史、寺子屋を中心とした支援、文化交流について語り合う『ミャンマー・シンポジウム』ほか、ミャンマーの歴史や文化、宗教を写した一般公募による写真展の開催。

 

続きを見る

2013年10月25日 【広報のヒント】

お寺の活用

1025-2.jpg

今回で3回目となりました。

『地域社会のためのお寺の活用アイデア募集』

 

日蓮宗の主催で、毎回お寺を舞台にした地域やコミュニティの活性化アイデアを募集しています。

 

今回は

「過疎地域のお寺を元気にするアイデア募集」

「お寺を活用して地域を元気にするアイデア募集!」

となっています。

 

続きを見る

2013年10月11日 【行事・イベント】

お寺の女塾

去る10月3日に京都ちおん舎にて『お寺の女塾』が開催されました。

 

『お寺の女塾』とは、『未来の住職塾』を主催する一般社団法人 お寺の未来と、グリーフケアや自死対策・遺児支援をテーマとして活動している 一般社団法人リヴオンが共同でつくりあげたお寺の女性のためのスペシャルプログラム。
 
当日は西日本を中心に各県から集まられた様々な立場のお寺に関わる女性が、活発な交流と学びを深めたようです。

 

 

続きを見る

2013年09月13日 【体験談】

妙本寺へ参拝してまいりました。

0913.jpg

先日、鎌倉を散策していたところ偶然見つけました。

 

日蓮宗本山 比企谷(ひきがやつ)妙本寺。

 

 順徳天皇に仕えた儒学者、比企大学三郎能本が、自分の屋敷を日蓮聖人に献上したのが妙本寺の始まりだそうです。

 

続きを見る

2013年09月06日 【行事・イベント】

智積院「観月会」

0906.jpg

毎年「中秋の名月」に、真言宗智山派 総本山 智積院において行われる「観月会(かんげつえ)」。

 

今年は9月19日(木)に催される予定です。

 

この時季、京都のあちこちの寺院で催し物が行われるようですが、その中でも智積院で行われるこの「観月会」は特に人気があるようです。

 

続きを見る

<< 2|3|4|5|6

 

ページの先頭へ