寺院広報ブログ

イズ・アソシエイツが寺院の皆様とのふれあいで得ることのできた貴重な体験、感動エピソード、広報のヒントなどを取り上げていきます。

2016年12月09日 【感想・エピソード】

なりきり仏像

 

161209.jpg

最近はご朱印帳や写経など、仏教への関心ごとはすっかりブームとして定着した感じがあります。

 

今年の8月、カタログやウェブの通販を展開しているフェリシモが、仏像の螺髪(らほつ)をイメージしたニット帽「らほつニットキャップ」を販売しました。

らほつ(巻き毛)のぶつぶつ感を毛糸で表現。福耳パーツまでついています。

パーツを下ろして前髪を帽子の中に隠すと「なりきり仏像スタイル」の完成です。

 

 東京国立博物館で開催された特別展「平安の秘仏」に合わせ、館内のショップに納めたところ、あっという間に完売に。

 

ほかにも仏画を描くキットが毎月届く「プチ写仏プログラム」や、精進料理を学ぶ「お寺の癒しご飯プログラム」。

般若心経を絵で表した「絵心経マスキングテープ」などの商品があるそうです。

 

メーンの顧客層である30〜40代の女性からは当初予想の10倍もの反響があったとか。

 

癒やしに始まったブームはまだまだ続きそうです。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jiin.is-assoc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/324

コメント入力

 

 

ページの先頭へ