寺院広報ブログ

イズ・アソシエイツが寺院の皆様とのふれあいで得ることのできた貴重な体験、感動エピソード、広報のヒントなどを取り上げていきます。

2014年10月24日 【行事・イベント】

五十年に一度のご開帳

1024.jpg10月25日より、四国霊場第三十一番札所 五台山 竹林寺において、

五十年に一度のご開帳が始まります。

 

この期間中、ご本尊文殊菩薩さまはおよそ300年ぶりにご本尊造顕当初の獅子座(平安時代)に騎乗してお出ましになります。

 

 

通常騎乗する獅子座は宝永元年(1704)の江戸出開帳の折造られたもので、この度の秋期ご開帳に限り、ご本尊は造顕当初の獅子座に騎乗されるそうです。

 

また、ご開帳に併せて期間中、日本画壇の巨匠である堂本印象画伯よって描かれたふすま絵24面が、45年ぶりに一般公開されるそうです。

日本画家が抽象画で寺院のふすま絵を描いたことは、当時の画壇に大きな衝撃を与え、抽象画ふすま絵の第一作目の作品として大変価値があるものです。

 

期間中は夜の特別拝観も行われるそうですので、機会があれば是非、拝観したいと思います。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jiin.is-assoc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/294

コメント入力

 

 

ページの先頭へ