寺院広報ブログ

イズ・アソシエイツが寺院の皆様とのふれあいで得ることのできた貴重な体験、感動エピソード、広報のヒントなどを取り上げていきます。

2014年08月27日 【感想・エピソード】

精進ふりかけ

0822.jpg阿修羅像や五重塔で知られる奈良市の興福寺と三島食品(広島市)は30日、共同で開発した「精進ふりかけ」3種類が欧州の料理人やソムリエが審査する「iTQi(国際味覚審査機構)」の優秀味覚賞で三つ星を獲得しました。

 

同コンテストでのふりかけの出品・受賞は初めてだそうです。

 

 

シェフやソムリエら専門家による「味」「香り」「最初の印象」などの審査の結果、三つ星の「極めて優秀」を獲得。

動物性の食材やダシ、調味料を使わずに、うまみを出したことが評価されたとの事。

 

三島食品の三島豊社長が2011年に興福寺を訪れたことをきっかけに交流が始まり開発につながったそうです。

 

商品名「あをによし」は奈良の枕ことばから。

シソや大豆にワサビ葉を加えた「あを」。

ワサビ葉の代わりにトマトを使った「丹(に)」。

ゴマやホウレンソウ、カボチャなど12種類の素材をブレンドした「よし」の3種類。

 

興福寺の売店で販売しているようですが、一度味わってみたいものですね。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jiin.is-assoc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/284

コメント入力

 

 

ページの先頭へ