寺院広報ブログ

イズ・アソシエイツが寺院の皆様とのふれあいで得ることのできた貴重な体験、感動エピソード、広報のヒントなどを取り上げていきます。

2013年11月22日 【感想・エピソード】

いのち、向き合う

1122.jpg東日本大震災より2年半以上経過した現在でも、

被災地の多くでは復興・復旧のために日々努力が続いています。

 

真言宗の青年僧で構成されている、全真言宗青年連盟では11月13日に宮城県東松島市野蒜海岸にて、震災犠牲者を追悼する『東日本大震災巡拝慰霊法要』を執り行い、その様子が毎日新聞に掲載されました......

 

全国から集まった全真言宗青年連盟の僧侶ら約300人が列をなし、

背丈ほどの草に覆われ、家々の基礎部分だけが残る更地に、

土地や犠牲者の魂を清める土をまきながら巡礼。

 

辺りには青年僧侶の読経が響きわたり

約40分間をかけて地区を巡り、

野蒜海岸では鎮魂の祈りを込めたホラ貝の音を響かせた。

 

 

穏やかで晴れやかな空のように、

一日も早く被災者の方々のこころに平穏が訪れますようにお祈りいたします。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jiin.is-assoc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/235

コメント入力

 

 

ページの先頭へ