寺院広報ブログ

イズ・アソシエイツが寺院の皆様とのふれあいで得ることのできた貴重な体験、感動エピソード、広報のヒントなどを取り上げていきます。

2013年05月17日 【その他】

仏具工房、ご開帳。

0517.jpg

日本の銅器生産額の約95%のシェアをほこり、その内の60%が梵鐘や仏像、仏具という「仏具の里」富山県高岡市。

 

もともと浄土真宗との関わりも非常に深い土地柄であったことから、仏具製造が盛んになったそうです。

 

しかし現代、若い職人さんたちは仏教的な背景を十分に理解しないまま製造しているのが現状で、仏具のいわれやルーツ、宗派による違いなど疑問も多いのだとか。

 

 

「仏具のヘビーユーザーであるお坊さんに話を聞いてみたい!」

そんな想いから、仏教関係者を対象としたスペシャルツアー「高岡クラフツーリズモ 2013」が企画されました。

 

このツアーでは、職人さんたちの作業現場を見学し、交流を通して、様々な意見交換を行ってもらい、お互いに仏具に対する理解を深めていくことを目的としています。

仏具のヘビーユーザーであるはずの僧侶の方々も、普段使用している仏具がどんな風に作られているか、知らない方も多いのでは?

 

宗派を問わず、僧侶の方および仏教関係者を対象とした、仏具と伝統産業の魅力に出会う旅。

ご参加してみてはいかがでしょう?

 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jiin.is-assoc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/206

コメント入力

 

 

ページの先頭へ