寺院広報ブログ

イズ・アソシエイツが寺院の皆様とのふれあいで得ることのできた貴重な体験、感動エピソード、広報のヒントなどを取り上げていきます。

2013年04月05日 【感想・エピソード】

墓前に供える花は

201304.jpg
ある友人は「お参りには必ず季節の花を持っていくことにしている。」そうです。
 
仏花についてインターネットで調べてみると
季節の花や、生前に好きだった花を供えている方が多いことが分かりました。
 
「故人への想いがこもっていれば何でも良い!」
という方が多いという事なのでしょう。
「最近は明るい花が多く、霊園がきれいに見えます」という声もみられました。

 

 
とはいえ、お寺の近くにあるお花屋さんの多くは、菊を使った仏花が多いようです。
 
お花屋さんで仏花として菊が多く使われるのは
 
枯れにくく長持ちする
枯れる際に花びらが散らからないので、お墓の回りが汚れにくい
イギリスで墓前に使われていたのが伝わった(?)
 
などの理由からのようです。
 
地域やお寺によっては「供えてはいけない花」もあるのでしょうが、
色とりどりに様々なお花が並んだ墓地といのも素敵だと思いませんか?
 
ピンクのチューリップを供えるのも華やかで良いかもしれませんね。
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jiin.is-assoc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/198

コメント入力

 

 

ページの先頭へ