寺院広報ブログ

イズ・アソシエイツが寺院の皆様とのふれあいで得ることのできた貴重な体験、感動エピソード、広報のヒントなどを取り上げていきます。

2012年12月07日 【感想・エピソード】

お寺ごはん

1207.jpg
東京港区にある光明寺に期間限定の「お寺レストラン」が登場しました。
 
気になる内容は肉・魚が一切なく、「マヨネーズを使わないサラダ」、お肉の代わりにお麩を使った「お麩じゃが」、みそ汁も魚のだしではなく「きのこ」というこだわり。
 
すでに期日を過ぎているため、食べることができないのが残念...と思っていたら。
 
給仕を担当した「料理僧」こと、僧侶 青江覚峰さんによるレシピ本が発売されていました!
 

 

中身はもちろん、お肉、お魚を使ったレシピは一切なく、野菜中心。

しかも野菜の中でも、煩悩を刺激する(精をつける)と言われる「ネギ」「にんにく」「たまねぎ」「にら」「らっきょう」も使っていないとのこと。

 

「精進料理」を日常生活でも取り入れやすいようにもアレンジされていて、意外なことにグラタンやコロッケ、カレーなど現代的なメニューも多いようです。

 

この『お寺ごはん』、レシピの紹介に入る前に、冒頭である事実を提示しています。

《みなさんは、奈良の時代から、職業別に平均寿命を見てゆくと、最も長寿である職業が、常にお坊さんであることをご存じでしょうか》

 

知りませんでした...長寿の代名詞であるお坊さんの食生活には、どんな教えが息づいているのか?

さっそく味わってみようと思います。

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jiin.is-assoc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/174

コメント入力

 

 

ページの先頭へ