寺院広報ブログ

イズ・アソシエイツが寺院の皆様とのふれあいで得ることのできた貴重な体験、感動エピソード、広報のヒントなどを取り上げていきます。

2017年02月02日 【感想・エピソード】

みんなのZEN。

 

20170202.jpgマガジンハウスから出版されている、男性向け情報誌BRUTUS(ブルータス)をご存知でしょうか?

 

2月1日発売号の特集は禅。

 

イライラ、ザワザワ、モヤモヤをひとやすみ。

ココロを調えるガイドブック。

 

として、

 

坐禅のやりかたや、参禅体験、アメリカのZEN、禅とデザイン、禅と美術などを特集しています。

 

続きを見る

2016年12月09日 【感想・エピソード】

なりきり仏像

 

161209.jpg

最近はご朱印帳や写経など、仏教への関心ごとはすっかりブームとして定着した感じがあります。

 

今年の8月、カタログやウェブの通販を展開しているフェリシモが、仏像の螺髪(らほつ)をイメージしたニット帽「らほつニットキャップ」を販売しました。

らほつ(巻き毛)のぶつぶつ感を毛糸で表現。福耳パーツまでついています。

パーツを下ろして前髪を帽子の中に隠すと「なりきり仏像スタイル」の完成です。

 

続きを見る

2016年10月20日 【行事・イベント】

増上寺 宝物展示室

 

161020.jpg

大本山増上寺の宝物展示室がオープン以来、その展示内容にはいつも驚かされています。

 

9月から始まった宮川香山展もその一つです。

 

本展は、横浜に「宮川香山 眞葛ミュージアム」を設立された実業家の山本博士氏のコレクションによって構成されています。

 

宮川香山(初代)は、幼少時より書画を学び、作陶にも頭角を表し、明治維新の直後、新天地である横浜へ移住し、眞葛窯を開きます。

 

 

続きを見る

2016年09月30日 【行事・イベント】

一筆写経

0930.jpgきたる10月8日(土)芝公園一帯で港区民まつりが行なわれます。

毎年、大本山増上寺においても天井絵が公開されますが、

今年は昨年に引き続き、京浜四大本山による一筆写経が行なわれる予定です。

 

続きを見る

2016年03月04日 【行事・イベント】

ニッポンを遊べ。

 

0304.png宗派や宗教を超えて、神道や仏教などを含めたさまざまな日本の伝統文化を体験できる、世界最大の寺社フェス「向源」の開催が決定しました。

 

前回2015年は2日間にわたり、浄土宗大本山増上寺、芝大神宮にて行なわれました。

 

2016年は、江戸時代5街道の出発点だった日本橋を中心に、3拠点7日間と期間も規模も3倍に拡大。

180コマ以上(予定)の体験型ワークショップや公演を催すそうです。

 

続きを見る

2016年01月15日 【感想・エピソード】

今年もよろしくお願いします。

 

0115.JPG皆様、あけましておめでとうございます。

 

神奈川県鎌倉市のJR大船駅から見える、ひときわ目立つ観音様をご存知でしょうか?

 

山の上にぽっかりと浮かび上がるように見える白衣観音。

 

 

今年の初詣は以前より気になっていた、大船観音寺へ行ってきました。

 

続きを見る

2015年12月28日 【その他】

今年もありがとうございました。

 

1228.jpg2015年も残すところわずかとなりました。

 

来年も年中行事や展示会、広報活動などをご紹介する予定です。

 

皆様も年末年始の忙しさに体調をくずすことのないよう、お体をお大事になさってください。

 

来年も宜しくお願いいたします!

 

 

2015年11月30日 【行事・イベント】

坐禅体験

20151130.jpgサンケイリビング新聞社主催による、1泊2日の宿泊イベントが、12月13日〜14日に行なわれます。

 

曹洞宗総合研究センター「朝活禅」プロジェクトメンバー僧侶の協力のもと、初心者に気軽に「禅」を体験してもらおうという企画です。

 

 

続きを見る

2015年10月23日 【行事・イベント】

五百羅漢図展

1023.jpg徳川将軍家の菩提寺として定められ発展してきた大本山増上寺は、

家康公没後400年にあたる平成27年春、

本堂地下1階に宝物展示室を開館しました。

 

現在、開館第2弾企画として、増上寺所蔵の仏画「狩野一信の五百羅漢図展」が開催されています。

 

 

続きを見る

2015年09月11日 【行事・イベント】

禅を知る×書道を愉しむ

0911.jpg「禅のこころ」を現代に重ね合わせながら伝える僧侶と、

さまざまなメディアで活躍する気鋭の書道家によるイベントが開催されます。

心にとめておきたい禅の言葉についての法話と、

書のデモンストレーションの後に、参加者が書に挑戦するというものです。

 

続きを見る

1|2|3|4|5

 

ページの先頭へ